中国輸入ビジネス


こんにちは。

今日は中国輸入ビジネスについてまとめてみます。

現在日本国内に流通している商品を見てみると、MADE IN CHINAと記されているものが非常に多いということに、気付きます。

スーパーに行けば中国産の食材を多く見かけます。

それだけ中国製品は日本人にとって身近な存在であるというわけです。

中国といえば近年GDPが日本を上回って、世界第2位になったことは記憶に新しいことと思います。

中国は今や世界の工場とも言われています。

日本人にとっては、なくてはならない存在なのです。


★中国製品の特長。

中国製品の特長はまずその安さです。

安い人件費によって、ローコストな製品を作り出しています。

100円ショップの商品などがいい例です。

★商品にトラブルが多い。

中国で取引されている商品はあくまで中国人のための商品です。

日本人の感覚からしたらありえないことですが、コピー商品や不良品が多いです。

従ってコピー商品を仕入れたりしないよう、取引には十分注意が必要です。

★中国輸入ビジネスが儲かるわけ。

このように中国製品は安く仕入れることが出来るので、利益を大きく取ることができます。

中国は隣国なので日本から非常に近いため、欧米などからの輸入に比べて輸送期間が非常に短く、輸送コストも安くなります。

輸送期間が非常に短いということは、仕入れ中に商品の相場の変動のリスクが少なくなる。

資金回転がよい。

といったメリットがあります。

中国サイトのタオバオやアリババなどからダイレクトに買い付けるため、問屋などの中間マージンを省くことができます。

従って商品の仕入れ単価が安くなります。

このように中国仕入れは一長一短がありますが、メリットを生かせば非常に有利にビジネスを展開することができます。

売れる商品をどんどんリサーチして、中国仕入れで中国ビジネスを成功させましょう。

あと毎月10万円収入を増やしたくありませんか?
中国仕入れリサーチなら、オークファンプロがとても便利です。


コメントを残す