違った視点からのヤフオク攻略


ヤフオクは数あるプラットフォームの中でもせどりを始める初心者に適していると思います。

ちなみにここでのプラットフォームの意味は、”ビジネスの場を提供すること”です。

商品の販売をヤフオクから始めた方は、ヤフオクの取引に慣れたらアマゾンでの取引を考えて、販路を広げるとよいと思います。

ヤフオクとAmazonの(ここでは書きませんが)それぞれの特徴を生かし、うまく使い分けて売り上げをアップさせましょう。

Amazonは今や業界のプライスリーダーとも言われておりヤフオクもある程度それに連動しているため、ヤフオクに出品する際には、オークファンとともにAmazonの価格を参考にするといいと思います。

自己消費の商品を購入する時にAmazonの価格を参考にしている方もいるでしょうね。

Amazonはオンラインカタログ形式での販売です。

新規商品のカタログ作成はできますが、ほとんどの方が既成のカタログの商品を販売しています。

ヤフオクではカタログが無いため、出品する商品に幅を持たせやすいと思います。

ということはアイデア次第でオリジナルの商品や誰も出品していない商品を出品して、ライバルなしでの販売を有利に進めることが出来るということです。

今の世の中物で溢れています。

視野を広げて出品候補を探してみましょう。

出品商品のリサーチは通常、店舗やネットで行いますが、普段自分の身の回りにアンテナを張り巡らせば、これはいけるかもという商品に気づくかもしれませんね。

また直接のライバルがいないという意味では、ハンドメイド商品があげられます。

実際ヤフオクではハンドメイド商品が人気であり、それだけでかなりの売り上げをあげられている出品者もいます。

ハンドメイド商品を販売している出品者には、リピーターのお客様も付きやすいようです。

ここではヤフオクについて書きましたが、メルカリでも同じことが言えると思います。

ライバルがいないということは、大きな武器になります。



この記事がいいね!と思った方、クリックしていただければ励みになります。

人気ブログランキングへ
クリックしていただいた方、どうもありがとうございます。


コメントを残す