Amazonアカウント停止👉閉鎖!!!


こんにちは。

今日はAmazon出品者にとって無視できない、Amazonアカウント閉鎖について取り上げようと思います。

Amazonには、商品を出品する上で色々な規約があります。

出品者は当然それらの規約を守らなければならない訳ですが、知らず知らずのうちに規約を破っているということが起こりえます。

その結果の最たるものが、アカウント閉鎖です。

Amazonアカウントの閉鎖については、閉鎖になってからでは遅すぎますので、前もって対策を立てておくことが重要です。

アカウントが閉鎖になる2大要因は

顧客満足指数の低下、及びAmazonの規約違反です。

顧客からの評価が低い。

出荷の遅延行為の繰り返し。

顧客からの問い合わせに対する返答の遅延。

Amazon限定商品の予約販売行為。

Amazon規約違反商品を出品する。

過去に閉鎖されたアカウントとの関連があるアカウント。

同一人物での複数アカウントを取得している。

などがあります。

顧客満足指数の低下については、

Amazonにしてみれば、セラーのアカウントが健全であることは当然のことです。

これは買う側の立場、つまり顧客の気持ちになってみれば分かることだと思います。

健全な出品を行うことはセラーの責任において当然のことですね。

当たり前の事を当たり前にやれば、全く問題はないわけですが、誰しも人間ですから失敗は当然あるわけです。

特に規約を100%理解して順守するというのは簡単な事ではないかもしれません。

しかし違反に対してAmazonは決して寛容ではありません。

アカウントの停止はまだ復活の可能性はありますが、アカウントが閉鎖されると復活させるのは99%不可能と言われています。

しかしそうなる前に危機管理を徹底し、そのような原因が発生する事の無いようしっかりと対策を講じておきましょう。

また、少しでも不明な点や不安な点があれば、Amazonに遠慮することなく問い合わせをしましょう。

これくらい大丈夫だろうという油断が命取りになりかねません。

それでは今日はこの辺で。

【電脳プラザ】


コメントを残す