Amazon 輸入・中国輸入


先日中国の仕入れの手配をするところまでいったのですが、ここは慎重にといったん取りやめました。

どれくらいのロットでいくか、何品目にするのがベストかもう少し検討を重ねたいと思ったからです。

更にリサーチを進め少しでもベストな商品を見つけられるよう工夫を重ねています。

それはそれでいいんですが、輸入は店舗せどりと違って注意が必要な点がありますので十分気を付けたいものですね。

中国仕入れは何といっても安さが魅力ですが、その反面色々と問題があるのも事実です。

不良品、コピー商品、輸入が禁止されている商品があります。

知らなかったではすまされませんので、完全に自己責任であることを肝に銘じる必要がありますが、手配を取りやめた理由はここにもあります。

ちなみにこれとは関係ありませんが、せどりを始めてすぐ私はAmazonに出品禁止商品を送ってしまったこともありました(恥)。

仕入れは中国の他に日本以外のアマゾンからも仕入れることができますし、ネットショップやオークションからも仕入れることができますね。

多くの仕入れ先を持つ必要はありませんが、それぞれ人に説明できる程度の知識は必要だと思っています。

これは持論にすぎませんが、それがないと自分が選択している方法の理由に説得力が無いように思います。仕入れ先の選択は人それぞれですね。

今日は久しぶりに店舗を回ってきました

。ハードオフで良い商品を数点見つけたのですが、すべて中古であったため少し考えた結果やめました。

そのあとでブックオフや書店で知識や情報を吸収するための本や雑誌をチェックして帰りました。



この記事がいいね!と思ったら、クリックしていただければ励みになります。

人気ブログランキングへ
クリックしていただいた方、どうもありがとうございます。


コメントを残す