物販 損失より怖い不良在庫

せどりは、いかに安くて売れるものを仕入れるかがカギです。

仕入れが上手くいけば殆ど成功したようなものです。しかし物販ですから売れない在庫は発生します。

この売れない在庫に落とし穴があるんです。

”売れない在庫だけど赤字にしてまで売らない。”となると、いつまでたっても売れない不良在庫になってしまいます。

ちなみに不良在庫とは、工場、倉庫や小売店等に長期間、在庫として売れずに残っているものをいいます。

ここで重要なのが資金回転です。物販は仕入れた商品を販売して利益を得るだけではありません

。商品を売って得た資金が新たな仕入れ資金になります。

従って在庫を抱えてしまうと資金が回らなくなり最悪の場合行き詰まってしまいます。”私は資金が豊富にあるから大丈夫だよ。”という人はどうでしょう。

こういう人は更に危ないと思います。どこまでも不良在庫が積みあがっていく可能性があるからです。

資金を上手に回転させるコツは、在庫はお金だと考えることです。

そう、売れ残り商品も事業を回すためのお金という、貴重な戦力なんですね。

損失でなくて資産なんです。

しかしあくまでも売れ残りの在庫が発生してからの話です。1点でも多く売り切ることが出来るよう、仕入れも慎重に行いたいものです。



クリックしていただければ、励みになります。

人気ブログランキングへ 
クリックしていただいた方、どうもありがとうございます。