不良在庫発生の対策

以前にも不良在庫について書きましたが、今回は少し違った角度から考えてみようと思います。

物販をしているとどうしても発生するのが不良在庫です。

不良在庫とは、長期間在庫として売れずに残っているものをいいます。

一般の小売店ではある程度の品ぞろえが必要なため、売れ行きの悪い商品も店に並べる必要があります。

それにくらべて転売は売れる商品だけを売ればいいので、小売店のように不良在庫が絶対に発生するというものではありません。

そこで転売ではまず売れない商品を仕入れないことですが、わざわざそのような商品を仕入れる人はいないと思います。

ここで言えるのは売れそうだからという考えや価格計算が甘いなど、仕入れ管理がきちんとできていないことが考えられます。

その対策としてあらかじめ仕入れの基準を作っておき、その基準をクリアした商品だけを仕入れるようにします。

そうすれば売れ残る在庫は減少するはずです。

次にAmazonの価格競争で当初の予定販売価格が下がって売れなくなる場合です。

Amazonでは常に競争で価格が動いていますから、予定販売価格が大幅に変わる可能性もないとは言えません。

ここで注意したいのは出品者数が多い商品です。

出品者数が多ければそれだけライバルが多いということですので、当然競争も熾烈になります。

もしそのような商品を仕入れた場合、早目にカート価格に合わせるなどして、値崩れする前に早めに売り抜けることを考えます。

他にはFBAマルチチャネルサービスを利用して販路を拡大することを考えます。FBAマルチチャネルサービスとは、FBAに納品した商品をAmazonに保管及び管理をしてもらいながら、依頼する住所へ商品を発送してもらえるサービスです。

このサービスを利用してヤフオクやメルカリなどでの販売を考える訳です。

Amazonで売れなくてもヤフオクやメルカリなどには、またAmazonと違う層のユーザーもいますから売れる可能性があるというわけです。

不良在庫が発生したら色々な方法を試してみて売り切りましょう。

相互リンクしていただける方募集中です。