ebay・個人輸出入でAmazonと並ぶ圧倒的な存在感


ebayは世界最大のオークションサイトであることは、以前の記事にも書きました。

それゆえに流通している商品の種類は膨大なものがあります。

従ってAmazonに比べると多彩な商品を取引できる可能性があります。

また、オークションサイトであるがゆえ、コレクター商品やアンティーク商品に強く、なかにはジュースの空き缶の様な、こんなものが?というような商品も落札されています。

家の中にある意外なものが出品の対象であるというわけです。

ebayは出品した商品が落札されてバイヤーが支払ったら、直ぐにPaypal口座に入金されます。

ですのでAmazonよりも非常に資金の回転が速いと言えます。

資金の回転はとても重要ですのでこれは大きなメリットです。

他にもバイヤーのメールアドレスを取得できるというAmazonにはないメリットがあります。

リピーターとしての取引に使えます。

但し直接の取引は禁じられていますので、絶対にしてはいけません。

メリットがあれば当然デメリットもあります。

まず何といっても取引が英語で行われていることでしょう。

初心者にとっては、ebayについてまだよくわからないうちから、英語での取引ということで、いきなり挫折してしまう人がいます。

特に取引相手とのコミュニケーションが難しいと思います。

また新規出品者は1か月10商品500ドルという出品制限があります。

これは悪質なユーザーを排除する目的でやっているようですが、真面目に出品している人は初月から大きく稼ぐことが出来ず、デメリット以外の何物でもありません。

そして仕入れ代金、送料のほかに関税がかかる場合があります。

中には高額な関税がかかる国もありますので、注意が必要です。

しかしデメリットが逆に参入障壁を高くして、ライバルの増加を抑えてくれるメリットともなります。

ヤフオクと違い外国の人との取引ですから、色々と難しい事もあるとは思います。

しかしそこはやる気で乗り切りましょう。




コメントを残す