FBA納品ミス


今日もブログをごらんいただき、ありがとうございます。

早いもので11月も今日と明日で終わります。

明後日からは師走ですね。

年賀状の準備は大丈夫ですか?

年末商戦も始まりますが、せどりをされている方も忙しくなるのではないでしょうか?

インフルエンザは流行の兆しが見えるようです。

冷え込みが一層厳しくなりますので、体調には十分お気を付けください。

何より体が資本ですから。

余計なことを色々と並べましたが・・・。

さて今日はFBA納品の際に注意すべきことを書いてみようと思います。

FBA納品は細かいルールはありますが、商品登録をしてバーコードシールを貼った商品を全て箱に収めて、納品シールをケースに貼る、というのが基本作業です。

 Amazon フルフィルメントセンターへの納品

手順通りに作業を進めればミスをすることはありませんが、人間がすることなので現実にミスは発生しているようです。

主なミスの内容としては予定納品数と納品した商品の数が異なる数量差異。

納品予定商品と異なる商品の納品。

納品商品のバーコードシールの貼り間違い。

バーコードの読み取り不良。

商品以外の物の混入などがあります。

これらのミスはAmazonでのスムーズな商品登録の妨げとなり、入荷処理の遅延につながるため販売機会の損失につながります。

また納品をAmazonが受け付けない場合、商品を返送するための返送料、そして再度納品するための送料と余計な費用がかかります。

しかもAmazonに迷惑をかけてしまうことになりますね。

納品ミスを繰り返すとAmazonはFBA納品を受け付けてくれなくなる可能性もあります。

これは避けなければなりません。

作業は毎回手順通りに行い、常に緊張感をもってあたることが大切です。

十分に気を付けましょう。




コメントを残す