FX 損切の間違い


こんばんは。

いよいよ100回を迎える全国高校野球選手権記念大会の開幕が、目前に迫って来ました。

今年は関連番組がテレビで多数放送されています。

書店では例年より多くの書籍が並んでいます。

今年は特別な感がありますが、それにしても高校野球の人気は根強いですね。

猛暑の中ですので、選手の皆さんそしてスタンドで頑張っている応援団の方々、他体には十分に気を付けいただきたいと思います。

さて本題に入りますが、取引につきものなのが損切ですね。

値段が予想と反対の動きをした場合損失を拡大させないためにとる措置ですが、これが投資家の成績を大きく左右させるものだと思います。

稼いでいる人と市場から退場してしまう人との違いは、ここに表れるといっても過言ではないと思います。

失敗したと思ったら即座に損切りできる人、なかなか出来ずに塩漬けになってしまうひと、色々だと思います。

中にはデイトレードから長期投資に変更しましたって、自分に言い訳をする人すらいます。

損切は淡々と行うことが大切です。

上り電車に乗るつもりが、間違って下り電車に乗ってしまった。

気づいたけどそのまま乗り続ける人ってどれくらいいるのでしょうか?

損切ですから、決済すれば損失が発生します。

しかし決済できずズルズルと持ち続ければ、損失が拡大します。

それだけではありません。

持ち続けている分は新たにポジションを持つことが出来ないので、回転も悪くなります。

いいことはありません。

◎FX取引ができる証券会社をご紹介しています。

MATRIX TRADER


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ