FX 損切、それでいいの?


8月に入りましたが、相変わらず暑いですね。

これからが、暑さ本番と言えると思います。

水分に塩分を補給して、睡眠をしっかりと摂りましょう。

今日、第100回全国高校野球選手権選手権大会の組み合わせ抽選会がありました。

皆さんが応援しているチームはどうでしたか?

応援している人たちを感動させる戦いが繰り広げられます。

期待しましょう。

ひとつ書き忘れました。

深夜まで為替の取引にはまって、寝不足になることのないよう、気をつけましょう。

さて、余談はこのへんにして本題に入りたいと思います。

FXで最も大切なことの一つと言えば何でしょう?

そうですね、損失を膨らませないことです。

そのために、ポジションを持ったらしっかり監視しましょう。

監視が出来ない、またはスイングトレードや長期トレードされている方は、逆指値の決済注文をいれておきましょう。

この逆指値なんですが、一度設定すれば動かしてはいけません。

レートが逆指値に近づいて来ると、逆指値を取り消そうとする方がいるみたいですね。

損失を認めたくないという人間心理が働くらしいですが、どんなに優秀なトレーダーでも損失は発生するそうです、

損失はトレードすれば必ず発生するものです。

利益を確保するために必要な経費ということで、上手に損切できればその後も利益は増えていきます。

損切したら値動きが反転するということも、よくあります。だからといって逆指値を入れるのを怠ると、大きい相場の変動に巻き込まれて、一機に大きい損失を抱

えることになるかもしれません。

逆指値は、利益を確保するためにあるとても便利な機能です。

損するためにあるのではありません。

そのことは、しっかりと頭の中に入れておいて欲しいと思っています。

逆指値注文の設定について、次回取り上げる予定です。

本日もがご覧いただき、ありがとうございました。

FXの取引ができる証券会社を、ご紹介しています。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ